ホワイトニングをする人が増えてきています。

歯を白くするためにホワイトニングをする人が増えてきています。歯はきちんとケアをしていかないと歯が白かったのが黄ばんだ色になることがあります。例えばタバコを吸っている人の歯は黄ばんだ色をしていることが多く、女性などでもタバコを吸っている人の多くが黄ばんだ歯をしています。

歯が白くないと、それだけ見た目の印象が悪くなります。人間にとって笑顔から得られる印象は大きいものがあります。笑顔になったときに見える白い歯は、意識はしていないとはいえ、見ている人にとっては好印象を与えられることが多いと思います。

そこで歯を白くしたい人が選択しているのがホワイトニングです。ホワイトニングは歯医者さんで受けることが出来ますので、一度相談に行くことをお勧めします。

歯医者さんで診察

ホワイトニングは歯を白くするためにおこなうものです。まずはホワイトニングが出来るかどうかを歯医者さんで診察してもらいます。

ホワイトニングを受ける前におこなう診察では、まずは虫歯がないかどうかを確認することになります。なぜならば虫歯や歯周病などがあると、歯を白くするためにホワイトニングをすることができないからです。

そのため虫歯や歯周病が見つかった人は、ホワイトニングをする前に、虫歯の治療をおこなう必要があります。そして虫歯や歯周病の治療が終了した時点で、歯を白くするための治療がはじまります。

多くの人が早くホワイトニングの治療をおこなってほしいと考えてしまうと思いますが、健康な白い歯を取り戻すためには虫歯や歯周病の治療は必要です。ここは我慢して歯の治療を優先させましょう。

ホワイトニングの方法

ホワイトニングとはそもそもどのような方法を使っておこなうのでしょうか?ホワイトニングとは、加齢や生活習慣、遺伝といった原因で黄ばんでしまった歯を、薬で漂白する方法のことをいいます。歯を白くするために、現在もっとも多く使われている方法です。そしてホワイトニングには2種類存在しています。

1つはオフィスホワイトニング、もう1つがホームホワイトニングです。ホワイトニングを歯医者さんでおこなうことをオフィスホワイトニングといいます。そしてホワイトニングを家庭でおこなうことを、ホームホワイトニングといいます。

歯を白くするホワイトニングには主成分として過酸化水素と過酸化尿素が含まれています。そしてこれらの成分は一定温度になると酸素と水に分解されます。そしてこのときに分解されて出来た酸素が歯の色素と結びつき、色素を分解します。歯を白くするために酸素は歯の色素と結びつきます。

またこれらの過程でできた活性酸素が、歯の表面にあるエナメル質に作用して、象牙色の黄色がかった色を透けて見えないようにしてくれます。このようにホワイトニングは歯を白くするというよりも、黄ばんだ歯の色を目立たなくするような形になります。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング

ホワイトニングにはオフィスホワイトニングと、ホームホワイトニングとがあります。

オフィスホワイトニングは歯医者さんでおこなうホワイトニングで、短期間で歯を白くすることができます。ただしその分、色が戻るのも早いといわれています。持続させるためには3ヶ月から6ヶ月に一度通院をして、追加のホワイトニングが必要となります。

またホームホワイトニングは自宅でホワイトニングをおこなっていく方法を言い、歯医者さんで個別に合うようにマウスピースを作ります。そしてそのマウスピースに薬剤を入れ、そのマウスピースを歯に装着します。マウスピースは毎日1時間から2時間程度連続して装着します。この流れを2週間から3週間ほど続けていきます。

ホームホワイトニングはゆっくりと薬剤を浸透していきますので時間はかかりますが、持続期間はオフィスホワイトニングよりも長くなります。

どちらを選ぶかは迷うところですが、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法もありますので、歯医者さんとよく相談しましょう。